検索

正しい性情報との関わり方とは?



はじめに


子どもが大きくなるにつれて持つ可能性が高くなるのが、様々な性情報に関する知識です。正しい性情報について知るためには何が間違っていて何が正しい情報なのかを見極めなければなりませんが、今やインターネットを介して簡単に性情報が得られる時代になっています。


このような環境下で、いかに性情報と関わっていけばいいのか気になる人も多いのではないでしょうか。それでは、性情報とのかかわり方についてご説明しましょう。

正しい性情報を見極めるポイントについて

世の中には正しい情報から間違った情報まで膨大な量の情報が出回っている状態です。特に性に関する情報はより多くの情報が錯綜しており、どれを信じていいのか分からない人も多いでしょう。間違った情報を信用しないようにするためにも、どんな性情報が正しいのか見極めることが大切です。

それでは、正しい情報を見極めるポイントについてご説明しましょう。

信頼できる機関か専門家が発信している情報源か確かめる


成長するにつれて性に対して強い興味を持つのはおかしいことでは決してありません。むしろ身体が成熟するにつれて強い興味を抱き始めるのは自然なことなので、正しい性情報を知る必要性があります。しかし、今の世の中は性に関する情報が錯綜しているため、どの情報を信じていけばいいのか分からない人もいるでしょう。

それなら、厚生労働省や内閣府、WHO、医療機関が発信している情報など、信頼できる機関や専門家が発信している情報源か確かめましょう。まとめサイトや個人ブログのように専門家ではない人が発信している情報は間違っている可能性があるので、信用しきるのはあまりおすすめしません。


しかし、信頼できる機関や専門家が発信している情報であれば、信ぴょう性があるので正しい性情報を知ることができます。ただ、場合によっては信頼できるはずの機関や専門家が発信している情報ですら間違っている可能性が少なからずあるので、鵜呑みにせずに複数の情報源から確かめましょう。

複数の情報源から判断する


性情報は一つの情報源からしか得られないわけではありません。信頼できる機関から専門家が発信する情報、個人やまとめサイトなど、ネット上には数多くの様々な情報が飛び交っています。それだけ正しい性情報が得られることもあるので、一つの情報源にこだわらないようにしましょう。

特に一つの情報源だけでは知ることができない情報もあるため、複数の情報源から情報を得ることで幅広い性情報が得られます。


自分の身体のことで心配なことがあるなら、保険医や医療機関などで専門家に相談する


性情報について知っていく中で、自分の身体に対して心配や不安に感じることもあるでしょう。特に精神よりも肉体がみるみる成長するにつれて、自分の身体の変化に戸惑うケースも多くあります。そこで正しい性情報について知ることで精神的に成長していきますが、もしも不安や心配に感じるようであれば保険医や医療機関などで専門家に相談するのがおすすめです。

性に関する相談は非常にデリケートなものなので、信頼できる人に相談すると良いでしょう。しかし、中には逆に怒られたり相談に乗ってくれなかったり、嫌な思いをしたりすることもあります。とはいえ、多くの人が力になりたいと思っているので、相談しないよりかはした方が良いでしょう。

もしも実際に相談してみて、この人とは合わないと感じたら別の保険医や専門家に相談して意見を聞くのがおすすめです。


子どもはどうやって性情報に関わっている?

性情報を知るにあたって、性に対する感情は人それぞれです。受け入れる人もいますが、中には「気持ち悪い」「ショック」などと嫌悪に繋がる感情を抱くこともあります。それも一つの感情であり、決して強制的に直そうする必要性がないものです。

では、性情報はどのようにして知っていくのでしょうか。それでは、子ども達はどのようにして性情報に関わっているのかご説明しましょう。


家庭や学校では十分な性教育が行われない

まず、多くの子ども達は性的メディアから性情報を集めているとされています。本来であれば家庭や学校での性教育によって少しずつ性情報を知ることになりますが、いかんせん家庭や学校の性教育で性情報を学んだと実感した人が非常に少ないのが問題になっています。


さらに家庭でも学校でも性教育が満足に行えていない傾向が強く、本来教えるべき性情報は性的メディアなどからしか得ることができません。教える側もそこまで自分の口から教えるのは恥ずかしいと思っているのか、正しく情報提供が行われていない傾向にあります。


それでは正しい性情報と関わるのが難しくなる恐れがあります。家庭や学校での性教育が行き届いていなければ、手軽に情報が見られるスマホやPCなどで性的メディアを閲覧するケースがほとんどです。

こうした学校での性教育の問題が、正しい情報ではなく間違った情報を鵜呑みにしてしまう原因となっています。

性的メディアは知識の宝庫になり得る?


家庭や学校で十分な性教育が行われない場合、性的メディアは確かに性情報を学ぶ際に重要な場所になると言えるでしょう。しかし、一番の欠点は正しい情報の中に間違った情報があることです。

「これだけ詳しく書いてるんだから正しい情報だろう」と勘違いしてしまい、そのまま間違った性行為を行ってしまう可能性があります。男子のみならず、男子の間違った情報による暴走が女子を混乱させてしまうこともあるでしょう。