検索

幼児期から性教育を!

こどもはみんな 知りたがり屋さん 「わたしにはどうしておちんちんがないの?」

「赤ちゃんはどこから生まれるてくるの?」

「ママ、血がでてるよ。いたくないの?」

このような質問は 5才までに85%、6才までには、ほぼ100% の子がすると言われています*。

早い子は、3才で!大人があたふたしているのも知らず、 「どうしてお空はあおいの?」と同じ様に、ただ不思議で知りたいだけなんですよね。

そんな質問が出た時に、皆さんはどうしますか?

ユネスコから発行されている国際セクシュアリティーガイダンスによれば、 5歳から性教育を始めましょうとあります。 膨大な世界の性教育に関する調査をもとに編集されています。 「寝た子を起こすことはありません。  性教育を早期に行うほど、性行動が慎重になる」とあります。 私自身、3人のこどもを育てた暮らしの経験も交え、 みなさんにヒントをお渡しできたらと思います。


*「ママ、パパおしえて!~パパにはオッパイはないの?赤ちゃんはどこからくるの?~」高柳美知子 子どもの未来社より




6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示