検索

いつから必要?子どもに伝える「おうち性教育」



はじめに


自分の子どもに「赤ちゃんはどこから来るの?」と尋ねられた想像をしよう。

ほとんどの方が、答えに詰まってあたふたしている自分の姿をイメージするかもしれない。


あたふたする理由は答えを知らないからじゃなく、答えをどうやって伝えたらいいか分からないからだ。

わたし自身、性的な物事との出会いを振り返ると、唐突で、混乱していて、とても不愉快なものだった。そこには「けがらわしいもの。隠しておかなければならないもの」という感覚がどうしても付きまとう。


電車に乗っていると嫌でも目に入ってくる、水着姿の女性の胸元が大写しになった週刊誌の広告。

友達と河原で遊んでいるときに見つけた、雨に晒されページがぐにゃぐにゃになったエロ本。

お兄ちゃん、お姉ちゃんがいて知識豊富なクラスメイトが、恐ろしげに話してくる性行為の情報。


「性とかセックスってなんだか嫌だ。恐ろしい」と思っているうちに、自分の意図とは裏腹に突然迎える初潮。

驚きや戸惑いを自分の中で処理するだけで精一杯で、親に相談するどころではなかった。

その後、母に知らせなかったことをこっぴどく叱られ、無理やりお赤飯を食べさせられたことは苦い思い出だ。


現代の子どもたちは生まれた瞬間からスマートフォンやPCに囲まれた生活をしていて、性に関する情報の量はもちろん、その質はますます混迷を極めているだろう。


ここからはわたしにもいつか訪れるかもしれない「赤ちゃんはどこから来るの?」の日のために、何を準備しておけばいいか考えてみたい。


①まず自分が正しい知識を得る


2009年にユネスコが作成した『国際セクシュアリティ教育ガイダンス』には、驚くべきことに性教育の開始年齢が5歳と記載されているらしい。さらに性の多様性や男女平等など幅広いトピックが含まれており、5〜18歳を4つのレベルに分け、それぞれの年齢で知るべき内容を次のように網羅しているという。


レベル1(5〜8歳): 赤ちゃんはどこから来るのかなど

レベル2(9〜12歳): 妊娠の仕組みなど

レベル3(12〜15歳): 妊娠の兆候、胎児の発達と分娩についてなど

レベル4(15〜18+歳): 生殖能力はすべての人にあるわけではないこと、性的欲求は人によって違いがあることなど


これが世界の性教育のスタンダードだと思うと、確かに日本の性教育は遅れている。


子どもに何かを語る前に、まず自分が性に対して「恥ずかしい」「やらしい」という意識を払拭する必要があり、そのためには正しい知識を得ることが必須だ。


学校教育も変わらなければいけない、メディアも変わらなければならない…課題はいろいろあるけれど、まずは自分で学ぶことが今すぐできて、一番手っ取り早い方法ではないだろうか。『国際セクシュアリティ教育ガイダンス』はアマゾンでも入手可能で、その他おうち性教育に関する本はたくさんある。図書館で本を借りてもいいし、講座などに参加するのも良さそうだ。

遅すぎることはない。「知りたい」と思ったそのときが、自分にとって最適なタイミングだと思う。


②自分を癒す


知識を得るだけでは、おうち性教育を実施するだけの自信が得られないかもしれない。

日本で女性として生きてきた中で無意識のうちに受けた小さな傷や苦労を認め、自分を癒す必要性を感じた。


日本では過激な表紙の週刊誌や広告だけでなく、世間では「モテファッション」「モテメイク」など男性の目線を意識する女性を前提としたキャッチコピーが、まだまだ幅をきかせている。そのような環境で知らず知らずのうちに消費され、必死で適応してきた女性は皆疲れていて、自分が女性であることを祝福するような余裕はない。


女性特有の生理の悩みについても大々的に話すことができず、一人涙してきた人も多いはずだ。

わたし自身も10代、20代の頃は「モテメイク」が似合わないことが悩みだったし、毎月の生理が憂鬱でしかなく、ドラッグストアでナプキンを購入する際にレジの店員さんが男性だと赤面していた。